はじめに - DIYにチャレンジしたい方へのメッセージ

コンクリート床のDIY塗装 DIY
コンクリート床用DIY塗料作業

DIYに「自分で」「家族で」チャレンジしたいと思っている方は、先ずお読みください。 

私もDIY初心者の頃から、いろんな事にチャレンジしてきました。 
*このブログでも、失敗事例含めて体験した事・チャレンジした事を掲載しています。 

その経験を基にした、これからチャレンジしたい方に向けてのメッセージです。 

個別に質問したい方は、LINEからお気軽に質問・相談することもできます。 

公式LINEお友達追加はこちらから

5つのメッセージ - DIYにチャレンジしたい方へ 

  1. 本当に「作りたいもの」「やりたい事」にチャレンジする。 
     
    本当に、自分や家族がDIYで「作りたいもの」「やりたい事」がある事が大切です。 
     「何となく、最近DIYが流行っているからチャレンジしてみるか」というような、漠然とした理由で始めた方は、なかなか長続きしなかったり、結局は趣味にならなかったりします。 
    私は、今までに自宅(戸建て)で下記のようなDIYチャレンジしてきました。
    • 「駐車場コンクリートフロアを塗りかえる」
      マンション住まいから、お洒落な中古戸建て住宅購入したが、駐車場のコンクリートフロアは普通ぽく、且つかなり汚れていた為。 
      駐車場コンクリートフロア塗り替えチャレンジの記事へ
    • 「エントランスドア(木製)を塗りかえる」
      無垢の木製ドアで雰囲気もあり気に入っていたが、経年劣化でドア下部が灰色化していたため。 
    • 「玄関ドア(木製)を塗りかえる」
      上記と同じ理由。 
    • 「リビングの壁(漆喰)を塗りかえる」
      中古住宅購入時には、築9年で始めから漆喰の壁だったが、汚れや漆喰の欠けなどが多少目立っていたため。漆喰塗り直すのは業者に頼むと高すぎるし、自分でやるのも面倒そうだったので、漆喰に塗装できる自然塗料で塗装することにしました。 
    • 「フローリングのキズを直す」
      これは、子どもたちが小さい頃のマンションに住んでた頃。マンションから今住んでいる中古の戸建て住宅に引っ越す際にマンションを売りに出しましたが、フローリングのキズがあちらこちらにあったため。内見者に少しでも良い印象持ってもらうために一通り補修しました。おかげで売り出し開始日の次の日に値引きなしで売れました。 

      上記のようなチャレンジしてきましたが、始めは「やりたい」から始まり、業者に見積もり出させたらかなり高額な見積もりが出てきたので、「だったら自分でやろう」とチャレンジしました。「やりたい」から始まっているので、多少失敗しても、元の状態より少しでも良くなっていれば満足ですし、達成感も高いです。 
  1. 「知りたい事」「聞きたい事」は、DIYに詳しい人に質問してみる。 
    私も長年(もう20年以上)DIYをちょこちょこチャレンジしていますし、DIY関連の事業にも携わっていますが、それでも得意分野と不得意分野があります。
    得意分野(塗装、補修)は何となく自分で考えながらできてしまいますが、不得意分野(工具やのこぎりを使用した切断・組立)が絡む作業は、その道に詳しい人に聞くか、その分野のメーカーのウェブサイトなどから問い合わせして質問します。
    皆さんも分からないことがあったら、どんどんその道の専門家に相談するようにしましょう。
    当サイトでも分からないことはLINEでご相談頂ければ、原則2営業日以内に回答いたします。 
公式LINEお友達追加はこちらから
  1. 始めから色々と揃えない。 
     これは、あくまでも私の個人的な意見ですが、自分の得意な事や好きな事はもっと得意に、もっと好きになるために道具も揃えますが、不得意分野はできるだけお金もかけずに効率化する事を心がけています。
     私でいうと、「切断・加工・組み立て」工程が不得意分野で、あまり好きでもないので、持っているのはインパクトドライバー・ドリル、メジャー、木工用ボンドくらいです。
    これしか持ってなくても、はっきり言って困らないです。
    自分の欲しい家具や雑貨をDIYで作りたい時は、ホームセンターの無塗装家具(今は大手のホームセンターならばどこでも無塗装の簡単に組み立てるだけのDIY用家具売ってます)買ってきて、自分なりに塗装するだけです。 
    みなさん皆さんも始めたばかりの頃は、無理して色々揃えずに自分の好きな事・得意な事・続けていきたい事が分かってから徐々に買い揃え絵も良いのでは。
    ホームセンターの工房なんかもレンタルで活用できますしね
  1. 失敗を糧にし、失敗を楽しむ。 
    私は20年以上、DIY業界だけでなく住宅業界・建築業界にも絡んでいました。
    プロの業者や職人さんたちと仕事したり、話しする機会も多かったですが、プロでも失敗はします。
    但し、彼らは失敗したときにそれをカバーする作業や工夫・コツを長年の経験や知識で習得しています。
    プロでも失敗するイコール私たちDIYerはもちろん失敗します。
    このブログでも記事に載せていますが、私も「下地処理の不徹底による塗膜のはがれ」「養生の不徹底による塗装のはみ出し」「塗膜の液だれ」など経験しています。
    それでも、次に同じ失敗を起こさないように工夫したり、失敗しても元の状態よりより良くなった事を喜んだり、良い思い出になっています。このブログでも私の失敗事例を詳しく書いているので、ご覧ください。 
    よくある失敗① コンクリートフロアの塗膜剥離(実体験)
    よくある失敗② コンクリートフロアの養生不徹底(実体験)
    よくある失敗③ 玄関ドアの塗料液だれ(実体験)
公式LINEお友達追加はこちらから

5.できれば家族と一緒に楽しむ。 
  私は、一人でDIYやる時もありますが、だいたい家族の誰かと一緒にやります。
  別に誘ってはいないのですが、特に妻と娘は私が何かやっているといつの間にか一緒にやっています。
  駐車場のコンクリートフロアの塗り替えやった時は、ほぼ家族総出(私、妻、長男、次男、長女)でやりましたが、
  近所の人がのぞきに来たり、かなり注目を集めました。完成後も訪問したお客さんが気づいて褒めてくれたり、
  家族にとって一番思い出深いDIYです。皆さんも家族と一緒にやると完成物が残っている事で思い出話に花が咲く事も
  あるはずです。
  家族でやる場合は、メンバーの個性や技量を基に役割分担をしてあげる事も大切ですが、是非チャレンジしてみてください。 
下の2つも家族でチャレンジするのに最適なDIYです。

ブログ記事 15年ものの家具をDIY塗装で塗り替え。たった2時間で渋くてかっこいい家具に生まれ変わりました。

ブログ記事 玄関まわり・水回りタイルの掃除が20年間楽になる。「自分でできる」おすすめDIYクリーニング&コーティング

引き続き、皆さんにDIY関連の有益な情報、お得な情報、チャレンジ体験情報を提供していきますので、是非当サイトLINEへの友達登録をお願いします。

タイトルとURLをコピーしました